4月 2012

blog_import_52e077354b678

第14回 クララおばあちゃん

前回、ようやくヒラカワガイダムのお風呂を設置することができた話をしましたが、私は作業の間、気仙沼高校で段ボール製簡易ベッドの搬入を立ち会っていました。 見事なリーダーシップ 前回訪問した時に、避難所の管理者が即断即決で段 […]

詳しく読む »
blog_import_52e07725390d6

第13回  振り回される

ラジオ初出演 第11回で、5月4日東松島市の避難所で避難者50人全員分の段ボール製簡易ベッドを提供した事を話しました。 その時は組み立てるのが大変でしたが、有難い事に医師や医療関係者に交じりマスコミの方々も、汗だくになっ […]

詳しく読む »
blog_import_52e07a59aa91d

第12回 なぜ災害時は段ボールベッドがいいのか

第一義的には段ボール製でなくていもいい 東日本大震災後、避難所への段ボール製簡易ベッドの導入の話を進めてきましたが、そもそもなぜ段ボールなのか?をお話しします。 皆さん、段ボールを作る会社があるってご存知ですか? 当たり […]

詳しく読む »
blog_import_52e076fa8d21d

第11回  医師達の熱い気持ちに

宮城の岩手さんで一宿一飯の恩義を頂き、名残惜しい気持ちでいっぱいでしたが、次の目的地宮城県栗原町に向かいました。 人生3度目の津波を経験したおばあちゃん 再び榛沢医師と待ち合わせをして、南三陸町で被災した人が集団避難して […]

詳しく読む »
jpacks_default-thumbnail

第10回 南三陸町そして気仙沼市へ

前回は、防災協定というアイデアが有効かも知れないというお話しました。 これが後日、結実していくのですが、そうは言ってもその時はまだ被災地にベッドを出来るだけたくさん提供することで頭がいっぱいでした。 南三陸町へ 5月2日 […]

詳しく読む »