暖段はこベッド

暖段はこベッドとは

 

東日本大震災発生以後、被災地支援の一環の中で 当社として何かできることはないかと考え、生まれた製品が「暖段はこベッド」です。現在は当社のみならず、業界全体としての取り組みとして、災害発生時にはその地にある紙器メーカーが避難所に段ボールベッドを提供できるような体制を構築しております。

 

避難所への支援として、これまで無償で暖段はこベッドを提供させていただいておりましたが、実際にお使い頂くことで様々なフィードバックも頂き、製法の改善に努めて参りました。避難所での厳しい生活の中で、少しでも体力の消耗をへらし、プライベートを確保できるようにデザインを変え、また強度をより強くするように設計を見直しました。

個人の方でも購入できるようになりました。詳しくはこちらのページをご覧ください。→暖段はこベッドWebサイト

 

暖段はこベッドの誕生から現在に至るまで、ベッドの作り方・ご購入は暖段はこベッドWebサイトをご覧ください。

ストップ・ザ・雑魚寝!

私たちは、東日本大震災の避難所内でたくさんの被災者が、低体温症で亡くなっていうることを知り、断熱性のある段ボール製の簡易ベッド(暖段はこベッド)を急遽考案しました。この簡易ベッドでの支援を行うにあたり、私たちだけの力だけではなく、段ボール業界として被災地の支援を行いたいと思い、段ボール製造業大手のセッツカートン株式会社と共に、約3000床のベッドを被災地に無償提供しました。その過程で、多くの災害医療に関わるドクターと話し合い、床の上に直接ねる雑魚寝生活はエコノミークラス症候群(wikipedia)や、廃用症候群(Wikipedia)など、2次健康被害の危険性が非常に高いことを知りました。

実際、東日本大震災における震災関連死はすでに2300名を超えていますが、その1/3は避難所の劣悪な生活環境が直接の原因で亡くなっている。と復興庁が発表しています。本来、避難所には災害から生き残った人々がいるはずです。せっかく助かった生命なのに、避難所で亡くなってはいけないのです。

私たちは、今後発生するであろう災害までに、核市町村様との防災協定を結び、災害時に、段ボールベッドを避難所に導入する仕組みを作っています。暖段はこベッドが避難所での生活のQOL(Quality of Life)を少しでも向上させることで、避難者の2次健康被害や震災関連死を少しでも予防することができると信じ、これからも活動をつづけていきます。

2013年11月時点で、全国132自治体様と防災協定を結び災害時の要請があれば、段ボールベッドを避難所に展開する仕組みを構築しています。

暖段はこベッドに関するお問い合わせはこちらのフォームより受け付けております。

更に詳しい内容につきましては、ストップ・ザ・雑魚寝シンポジウム2013をご覧ください

暖段はこベッドに関する記事

第27回 災害大国日本③

津波の被害と酷似 紀伊半島の南部に、深く険しい山間に流れる熊野川。その川の水面から15メートルほどの高さに国道168号線は走っています。 普段なら、新宮市役所から30分で着く庁舎に、ようやくたどり着きました。ここは、平成 […]

詳しく読む »

第26回 災害大国日本②

地震だけではない平成23年の災害 平成23年は、東日本大震災以外にも甚大な自然災害が多数発生しました。 年明けは、日本海側で大雪による被害が続出した、いわゆる”平成23年豪雪”で始まり、この時は各地で積雪記録を塗り替える […]

詳しく読む »

第25回 災害関連死

そもそも災害とは? 辞書で調べてみました。 ”地震・台風などの自然現象や事故・火事・伝染病などによって受ける思わぬわざわい。また、それによる被害。” とありました。 そして更に具体的に、国の災害対策基本法では、 ”暴風、 […]

詳しく読む »

第24回 災害大国日本

16年前の思い出 東日本大震災発生以来、私は1年余りで合計17回の被災地入りをしました。 思い起こせば、平成7年の阪神大震災の時。就職をして2年目です。 私は大手段ボールメーカー、セッツ株式会社つくば工場に勤務をしていま […]

詳しく読む »

第23回 全国に防災協定を

PR活動開始 6月30日に仙台市のホテルで開催された、日本静脈学会に段ボール製簡易ベッドを展示しましたが、以後新潟大学医学部助教授の榛沢医師は、各地で行われる様々な学会の発表の際には必ず展示をして、医師をはじめ医療関係者 […]

詳しく読む »