最新情報

西日本新聞に段ボールベッドの活動の特集記事が載りました.

  西日本新聞さんが,従来と違う切り口で記事を書いてくれました.ベッドをプッシュで被災地に送ればそれでOKでは全く無いと言う内容です. 今回の人吉市での活動では,避難所・避難生活学会理事の立場でボランティアで現地入りしま […]

詳しく読む »

令和2年7月豪雨の対応で熊本に来ています.

50年に一度の雨量がこのところ毎年です。 九州では,熊本をはじめ各地で甚大に被害が出ています. 避難所・避難生活学会理事の立場で,発災翌日に熊本に入りました. 避難所の環境整備を行って避難者の健康被害を予防する為です. […]

詳しく読む »

取材を受け,Yahooニュースで記事になりました.

  電話取材を受けましたが、的確に記事にしてくれました。コロナ厄災がきっかけですが、避難所がやっと変わり始めたかも知れません。 雑魚寝、プライバシー無し、過密、不潔な環境。これに対してコロナ対策を施すのですが、実は従来の […]

詳しく読む »

コロナ禍を機に,日本の避難所を考える(ブログ再開)

まさかのコロナ伝染病の蔓延で世界中の人々の生活がガラリと変わってしまいました.私は,東日本大震災の直後に段ボールベッド「暖段はこベッド」を考案して以来,避難所の環境改善の活動をしてきましたが,コロナがきっかけでは避難所が […]

詳しく読む »

暖段はこベッドと暖段まじきりの詳しいサイトです!

東日本大震災直後の段ボールベッド「暖段はこベッド」の考案から10年近く.およそ30回近い設計改善してきました.その結果,暖段はこベッドの組み立ては,約20分からたったの5分になりました.避難所での作業負担を低減できます. […]

詳しく読む »

6月6日の日本経済新聞にコロナ対策パーティションの記事が掲載されました.

6月6日の日経新聞社会面,コロナ「複合災害に備を」でコロナ対策パーティションが掲載されました. しかし記事のキモは,パーティションではなく「我慢を強いられる避難所」はもうやめよう!と言う事です.過去,延べ400カ所以上の […]

詳しく読む »

読売新聞に,コロナ対策パーティションが掲載されました。

5月31日の読売新聞朝刊に,新開発のコロナ対策パーティション「暖段まじきり」の記事が掲載されました.このパーティションは,650センチx145センチの段ボールの部品を組み合わせることで,1人用〜2人用から家族用まで自由自 […]

詳しく読む »

TBS「報道特集」でコロナ対策パーティションが放送されました。

5月30日の報道特集で,当社の取り組む避難所の環境改善の活動が取り上げて頂きました.コロナ禍における避難所の3密を防ぐ新しいパーティション.雑魚寝の避難所は,床にウイルスが沈着してしばらく留まることから大変危険です.段ボ […]

詳しく読む »

「避難所つくりに活かす18の視点」で1章執筆を担当しました。プレスセミナーの動画です。

詳しく読む »

当社代表の水谷嘉浩が,TEDx Himiにてスピーカーを務めました!

詳しく読む »